忍者ブログ

と栄太を見た

深夜、眠れずに何度も寝返りをうっていたザンは起上がった。
何故、YESと言ってし美國旅遊まったのか。
自分はこの村に深く関わるつもりはない。
早雪たちに付いて行ったのも観光の代わりのようなものだった。
自警団などはじめたら、それこそ帰れなくなるだろう。
児童福祉施設の方は院長に一任してあるし、院長は高峰に紹介してもらった福祉関係の仕事に就いて20年のベテランだし、人脈もある。自分がいなくても困る事はないだろう。
モヤモヤしながらキッチンに水を飲みに行くと、栄太が起きてダイニングに座っていた。
あれ、ザン。まだ起きてたのかい?」
お前こそどうした」
ちょっと書類の整理をしていたんだ。もう寝るよ」
そうか。」
ザンは栄太の向かいに座ると、じっと栄太を見た。
なんだい?」
自警団の話、どう思う?」
いいんじゃないか?何かはじめてみるのは君にとってもいいことだろう?向いていると思うしね。それに、村のためにもなる」
ああ」
何か引っdermes 脫毛價錢かかってるのか?」
いや、よく分からない」
当ててみようか?」
栄太がニヤリと笑う。
勢いに押されてYESと言った自分に驚いているんだろう?」
からかうような口調で言われザンは面食らった顔をする。
そうなのか?」
いや、自分のことだろう?というより」
?」
栄太が意味有りげに笑う。
君は本当にdermes 投訴、気の強い美人に弱いな」
そう言われて、ザンの頭の中に葉月とレイチェルの顔が浮かんだ。
レイチェルのことはよく知らないが、葉月と美桜里さんは少し似たタイプかなと思ったんだ」
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R