忍者ブログ

期待するとともに

警察庁が13日、新東名高速道新静岡―森掛川インターチェンジ間での最高速度引き上げの試行を公表したことについて、川勝平太知事は「新東名は高速機能を発揮しうる土木技術の芸術。最大限に生かす最高速度の引き上げについて、以前かsculptra 淚溝ら国に提案してきた」と歓迎し、「本格導入に向けた取り組みが進むことを期待するとともに、利用者には安全運転を心掛けるようお願いしたい」とするコメントを出した。


8月に入閣した稲田朋美防衛相を巡り、開会中の国会で、過去の発言と防衛省トップとしての言動の食い違いがクローズアップされている。発言の矛盾を問われ、答弁で涙ぐむ場面もあった。安全保障法制のもと、自衛隊は駆け付け警護など新たな活迪士尼美語評價 動領域に踏み込む。それを指揮するトップに不安の声が上がっている。


野党は稲田氏に対し、9月30日の衆院予算委員会での辻元清美氏(民進党)による質問を皮切りに、日米安保や日本の核武装、尖閣諸島問題などを巡る過去の言葉を引用し、防衛相としての見解を繰り返しただしてきた。そのたびに稲田氏は政府の公式見解を述べ、過去の発言の修正に追われる印象を与えてきた。

 
「こうした人物に我が子を預ける親は、私に限らず不安だろう」。陸上自衛官の次男を持つ北海道千歳市の50代の女性は懸念を口にした。「自衛隊などについて防衛相になる前からさまざまな発言をしていたが、言うことがくるっと変わった。南スーダンの訪問予定も体調を理由にキャンセルし、批判されれば慌てて訪問する印象だ迪士尼美語世界 」と話した。
PR

日本側と協力してい

安倍晋三首相と蓮舫氏の憲法改正をめぐる5日の参院予算委員会での質疑についても「蓮舫氏が自民党の憲法改正草案をやり玉にあげていたが、内閣には憲法改正についてなんの権能もない。予算委で首相に答弁を強要するのはyou beauty 美容中心好唔好お門違いだ」と批判した。


安倍晋三首相が3日の衆院予算委員会で、慰安婦問題での日韓合意に関し、韓国の元慰安婦支援財団が求める首相による謝罪のyou beauty 美容中心好唔好手紙を出すことを「毛頭考えていない」と表明したことに対し、韓国で当惑と反発がくすぶっている。

 
韓国外務省報道官は4日の定例記者会見で、安倍首相の発言に関する報道陣の質問に、「言及は自制する」と答えた。報道官は先月29日の会見で、「韓国政府としても、日本側が慰安婦被害者の方々の心の傷を癒やす、感性に訴える追加的な措置をとるよう期待している」と述べ、謝罪の手紙を事実上求めていた。

 
このため、4日の会見では、安倍首相の発言を「外交的欠礼だとの評価も(韓国では)ある」と韓国メディアの記者が指摘し、韓国政府の立場を何度もただした。報道官は、「(日韓の)合意の精神と趣旨を尊重し、被害者(である元慰安婦の女性)らの名誉と尊厳の回復、心の傷の癒やしが速やかになされるよう、日本側と協力していく」と繰り返し答えるにとどめた。

 
韓国政府としては、国内で高まる反発に日本政府が理解を示すよう期待しているとみられる。韓国メディアからは、安倍首相の発言you beauty 美容中心好唔好 に「合意に基づく謝罪の真意を疑わざるを得ない」などと反発も出ている。

 
日韓合意では、安倍首相の「心からのおわびと反省の気持ち」が表明されたが、謝罪の手紙を出すことは盛り込まれていない。韓国政府も「合意文にあるそれ以上、以下でもない」(韓国外務省報道官)との立場だ。

 
日韓は慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認済みだ。問題が蒸し返されるのを日本が懸念していることは韓国政府も分かっており、国内世論との板挟みとなっている。


合意に沿った内容を誠実に実行していくのが外交で日本側は誠実に実行しているのだから何も言われる筋合いはない。この国も言うことを聞いてやると未来永劫要求を続けるのかもしれない。恐ろしい国だ。

玻璃裡相思夢


那是何等的銘刻,那是何等的掛牽,心繫月亮般的纏綿。風在扯,云在曼,眼睛在欲眼望穿。真情似火,在云端上爛漫。你就像坐在我的對面,玻璃隔斷裡出現我美麗的畫面,在盡情的為你舒展表演,是那麼的肆無忌憚。

那美像在櫥窗裡展覽,場景是那麼的光鮮明豔,多情把你愛的分水嶺收攬,你像在夢裡執起相思的漿,在夢裡擺渡相思的船,那靚麗的船身在你明眸裡閃現,激起漣漪浪花萬點。你射出無窮的箭簇,像夢裡燭光烈焰,點燃起火光衝天。我像被你烈焰捕獲,你在夢裡圈點,把相思圍困在夢裡面。

我早已做好了準備,在我的身上寄託著你無窮無盡的愛。我是你生命裡離不開的部分,沒有任何隱瞞,那些美麗是你美麗迷人的看點,那些片段會讓你思緒萬千,凝聚著無法分割的愛。你閉上眼睛在構築那精彩的畫面,你被那相思的場面濡染,在那裡沒有害羞,也沒有造作的渲染,就像在神奇的美麗幻想中看到海市蜃樓景色的出現,那隱約的海景,云舒云卷般的爛漫,把你的夢蓄滿。

夜晚的來臨,我像被詩歌燃燒得體無完膚,彷彿這個世界上只有你是我最愛戀的人。你像我詩情的烈火,把我活生生的點燃,我在那詩裡為你而燃燒,你在熊熊的火光裡,看到我火紅般詩意的臉。

那每一次的亮閃,就像你就在我的面前,被我火紅的詩歌捕獲,在我的靈感裡變成詩歌的燃點,熊熊燃燒在愛裡面。

所有的言論,都像每次愛的故事發生,怕驚醒自己,要輕手輕腳,不敢相信河裡的魚,能跳上岸來。一籮筐的夢,都在這友情的夏天發生,城市裡的雨水比鄉下多得是。就是下不到郊外,我也像流浪的孩子,在那夢的河邊走動。突然的驚魂未定,魚竟然上鉤了。

我不敢拿,只有看著在岸上翻滾。那手,就像膽小怕事似的,不敢去碰它。一連串的構思,在水域的最深處迷亂,海藻之間,那影子在撞擊礁石般的河床,去碰一下魚的身子,默不作聲地去觀看。所有愛的姿勢,都被光鮮的夢錄製下來,魚在河面上跑,你在夢裡抓,象詩歌跑在雪白的紙上,筆在雕刻一段段美麗的佳話。

我給了你銀白鴿子的夢,就像你每天都在對天祈盼,那美麗的景象出現。月亮裡的爛漫,精彩,鴿子的夢,才是你要囊括愛的天。

從逆光與反光裡看玻璃裡出現的畫面,似栩栩如生的你就鋪排在我的面前,我們在那空間裡對接,纏綿,爛漫。象光合的景點,鋪排在相思的夢裡面。

那年的夏天我很快樂

 
那時的我們基本上都看上去黝黑黝黑的,因爲我們壹個夏天都是光著上身。大平是個特例,他僅僅只是腦袋黑,對于裝,那時的他就深糖尿眼谙其道,他每次去洗澡的時候,都會穿著他哥哥穿過的那件小襯衫,然後在洗澡完畢後穿衣服的時候對著水面照了又照,傻逼的是那時的我們都會乖乖地等著他,然後離開時還讓他走前面。似乎那個時候他就閃耀出了能夠帶隊的能力。

但其實大平的小學生活是不算風雲的,因爲他家裏條件壹般,我所謂的壹般,就是真的很壹般。除了學費,大平壹個學期大概會花家裏1塊錢,而其中的8毛是因爲做錯題被老師罰款的。還記得當時壹交完罰款,數學老師,也就是校長,就會叫班長出去給他買煙,然後壹邊拆煙壹邊對著我們埋怨,他其實可以坐在辦公室裏吹電風扇,而且照樣領工資的。

記得那天中午,大家都回家吃午飯了,所以學校的門還沒有開,我們那幾個去得早的黑皮在那裏抱著大鐵門的小鐵杆在吹大牛,有的人就往大了吹,說能從門牆上的洞口鑽進去,大平說他也能,聲音更大,于是大家都看著他。其實那個洞真的有糖尿眼人鑽過,可那是高年級的高個子。大平挂不住,就開始爬鐵門了,我都提醒了他萬壹老師突然來就看見了,影響妳大哥風範,他不管,繼續努力,結果他真的鑽進洞裏了,然後從洞裏往校園裏面跳,他成了那天中午第壹個進校門的。然後大家又在那裏抱著大鐵門的小鐵杆在吹大牛,搞得好像兄弟們來探監似的。突然有人提出了去買冰棍吃,好幾個人積極響應,表示要去,就連在學校裏面的大平都說要去,然後又開始爬鐵門。

似乎擔心大家找不著路,大平還是走在最前面,因爲我的家庭條件也很壹般,我並沒有去,當我看到他們回來的時候,大家手裏都有壹根冰棍,只有大平手裏是空的,不時地舔壹舔嘴唇。

下次他們又去買冰棍了,大平也去了,我還是沒有去,當我看到他們回來的時候,大家手裏都有壹根冰棍,只有大平的手裏,是壹根煙,不時地抖壹抖煙灰。

小時候的夏天,經常看到有人賣冰棍,大人都告訴我們,那壹毛錢的冰棍,不過是水,加點糖,而且那是生水,吃了肯定拉肚子。大樟樹底下,扶著自糖尿眼行車,那個賣冰棍的時不時地翻開他的大棉被子,然後自行車後架的泡沫箱子裏出來壹陣子冷氣,然後馬路對面的我們,不時地舔壹舔嘴唇。

突然有壹天,我看到大平手上也拿著壹根冰棍,這個太少見了,羨慕得我流口水,看到他都開始脫貧了,我很感慨人生,不知道是嫉妒還是恨,心裏不是滋味,覺得那壹定只是壹種僥幸。隔天中午,最適合吃冰棍的時間,我去他家找他玩,卻發現他在五米開外眼睜睜地盯著雞窩,後來母雞出來遛彎,他也跟著挪了位置。

沒幾天,大平家的母雞被她媽媽宰了,據說因爲連續幾天都不下蛋。吃雞那天其實大平哭了,但他至今爲止還不承認。

特價優惠!壹元三套!過時不候

我房間的顏色依舊是我喜歡的藍,就像我眼前的窗簾,海水的主調。透過窗護,是小區後那個有著高大白楊的公員。公員很大,卻不知道名字。

壹天,壹時興起,我約了朋友葉子計劃走遍這座公員,結果從上午八點到下午三點這次旅程才宣告結束。途中遇到壹位老伯擺套金魚的小攤,葉子為了證明自己套圈的手法多麼高超,花了二十元套著了兩條,壹元壹套。末了,還花四元買了壹個小魚缸。臨走時向後望壹眼,那老伯正笑瞇瞇地把錢塞進斜挎的錢包裏,轉身從裝金魚的的大箱子下面抽出壹塊系著繩子的小木板掛在樹枝上。

上面寫道:特價優惠!壹元三套!過時不候!

在我的骨子裏,也許很多人都是:喜歡而又討厭放假。

作為學生,我期待壹個有趣而又冗長的假期,過上沒有作業沒有學習重點沒有老師的日子。結果,事與願違。新時代的學生逃不脫成績的枷瑣。於是,我來到了壹個新的地方,過上了另壹種嶄新的日子。

而這壹切,歸功於:假期。

如何利用假期是件很耐人尋味的事情。 我的爸媽卻深得此道。

像是初中那年,剛放暑假。媽媽以“咱們去北京旅遊”為由,誘使我屁顛屁顛的收拾行李跟在媽媽屁股後頭來到這座繁華的都市,繼續我的學業。

又像是在壹次短假裏出差,到了地方告訴我公司調職不能回去。於是我開始壹個的日子,壹個人去市場買菜,壹個人擠公交,壹個人換燈泡。在壹個人生活的時候認識了葉子。

生活像是個喜歡開玩笑的小孩,在我認為黑白灰的日子開始恢復色彩的時候,天空重新變成鑲著金邊的藍的時候,我搬了家。再壹次開始了壹個人的生活。

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R